わたしたちの考えるデザイン役割

デザインは近年、一般の方、ノンデザイナーにとっても身近なものとなりました。
ハイセンスなデザインのものが生活の中に多く浸透し、デザインすることに関してもテンプレート、ライブラリなどが数多く存在するため、制作するという行為に対して垣根が低くなりました。しかし、ビジネスとして効果の上がる「使えるデザイン」を制作するためには概念や経験が必要となります。単純にデザイン力だけにとどまらない概念が、デザインにおいて成功を導きだすのです。もし、デザインにお金や時間をかけるのであれば大きな効果を得るべきです。
ここ数年、商品開発や企業経営というもの作りの革新の部分や、戦略としてのデザイン・クリエイティブというものは熱い注目を浴びています。マーケティング活動全体からの視点で考えれば、デザインへの期待は絶大であり、ブランドビルディングのためのデザイン戦略は今や必須となっています。
それは、マーケティングの視点を持った、マーケティング活動としてのデザイン戦略を行っていかなければならない、ということを意味します。私たちはデザインが本来持っている力や役割を正しく知った上で、お客様にとってのデザインの正解を導きだします。